デジタル技術と手作業の暖かさ 立体造形の株式会社アレグロ(東京都豊島区池袋)

スーパーアスラーダ01

アニメ「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」に登場するスーパーアスラーダ01 を製作しました。
本年導入した3D技術を活用した、初の大型造型物になりました。

設計
(株)メガハウス様のご協力で3Dデータを提供していただきました

3Dデータ1 3Dデータ2

3Dデータ上で骨組みの設計や、緩衝パーツの確認を行います。
実車サイズにした時に不都合がある形状はモデリングし直します。

 

3D切削加工
大型3D切削機を用いて、パーツごとに立体化します。

3Dデータ1 3Dデータ2
3Dデータ2

使われている素材は発泡スチロールが主、ほか木材、プラスチック、アルミ 等です。
発泡スチロールのみだと表面が荒くエッジが出ないので、他の素材と組み合わせて、コーティングを行い、
一つ一つ丁寧に仕上げていきます。

 

完成

エナメルレザーと塗装で表面を仕上げます。
発泡スチロールとは思えないような、光沢と質感が生まれます。

01

01 02 03 04 05  
©SUNRISE

5月30日に行われた「メガホビEXPO2015spring」で展示されました。
実車サイズ4.7mの存在感は圧倒的でした 。

次回は、7月26日ワンダーフェスティバル2015summer@幕張メッセ で展示予定。
是非、ご来場ください!

(株)メガハウス様より発売されている1/24可動フィギュアのページはこちら
 → http://www.megahobby.jp/event/cyber_formula_sp/

 

スーパーアスラーダ01

素材:発泡スチロール、ポリエチレンフォーム、MDF、レザー

用途:[PRイベント] 種類:[立体造形] 

Tags: [発泡スチロール] [ポリエチレン]