デジタル技術と手作業の暖かさ 立体造形の株式会社アレグロ(東京都豊島区池袋)

ウィッカーマン

ウィッカーマン(枝を編んで作った人形)の5m立像を発泡スチロールで製作
Fate Grand Order というゲームのキャラクターです。
胴体の中に更にワラ人形がいるという二重構造だったため、胴体内部を中空にするという
難しい作りにチャレンジしました。

デザイン画から3Dデータ作成

3D造形 CGモデル製作 デザイン画 今回はお客様からこの1枚の絵だけいただき、立体化しました。
3D造形 CGモデル製作 立体データ 3D造形 CGモデル製作 立体データ 3D造形 CGモデル製作 立体データ

デザイン画を元にコンピュータ上で立体データを作成していきます。
同時に強度を保つための鉄骨構造の設計を行います。
この状態でお客様に形状バランスの確認をしていただき、調整を行います。

3Dデータ分割・配置

3D造形 CGモデル製作 3Dデータ分割 3D造形 CGモデル製作 3Dデータ分割

機械に納まるサイズ(1000mm×2000mm×200mm程度)になるよう、
データを細かく分割していきます。小さいものも合わせると、全身で200パーツ以上になります。
なくさないよう要注意!

3D造形 CGモデル製作 3Dデータ配置 3D造形 CGモデル製作 3Dデータ配置

分割したデータをテーブル上に無駄がないよう、パズルのように配置します。

3D切削

3D造形 CGモデル製作 切削 大型NCルーターで発泡スチロールブロックを切削します。
一回の切削で4〜8時間、全てのパーツを切削するのに2〜3週間かかりました。
3D造形 CGモデル製作 削り上がったパーツ 3D造形 CGモデル製作 削り上がったパーツ 削り上がったパーツです。真上からだけ削る機械なので、カゴ状のパーツは表と裏の2回、切削加工を行います。

スチロール組み立て・原型監修

3D造形 CGモデル製作 スチロール組み立て 3D造形 CGモデル製作 スチロール組み立て 鉄骨を組み込みながら、各パーツを組み立てていきます。
機械の刃が入らなかった部分を人の手で仕上げていきます。
胴体は中身が抜けているので壊れない様、慎重に組み立てます。
3D造形 CGモデル製作 スチロール組み立て 全身を仮組みし、全体像を確認します。
身長5m、この大きさになると、組み立てるだけでも一苦労です。
3Dデータ段階でバランスは確認しているので、細部のディテール表現をお客様と確認します。

コーティング・塗装・完成監修

3D造形 CGモデル製作 コーティング 発泡スチロールの表面にウレタン樹脂を吹き付け、コーティングを行います。
3mm程度の厚みでしっかりした膜になるので、人の手が触れても大丈夫な硬さになります。
3D造形 CGモデル製作 塗装 3D造形 CGモデル製作 塗装 刷毛、ローラー、エアブラシ等、様々な手法を使って、塗装をします。
金属部分、木材部分等のメリハリを付けて、リアルな質感を出していきます。
3D造形 CGモデル製作 塗装後の色合いの確認で最後に組み立てた状態を確認していただきます。
今回はライティングの試しも弊社で行いました。
来たるお披露目の瞬間に備えてぬかりなく準備をします。

完成

01

3D造形 塗装仕上げ 3D造形 塗装仕上げ 3D造形 塗装仕上げ 3D造形 塗装仕上げ 3D造形 塗装仕上げ 3D造形 塗装仕上げ 3D造形 塗装仕上げ

サムネイルをクリックすると写真が切り替わります。

ウィッカーマン

素材:発泡スチロール、エフレタンコーティング、鉄柱

Tags:[発泡スチロール][エフレタン]